【得でしかない】尊敬するビジネス界の先輩にシーシャを奢ったことで得た貴重な学び

  • 2021年3月6日
  • 2021年3月31日
  • コラム
  • 22回
  • 0件

はるかです!

 

皆さんはシーシャ(水タバコ)ってご存知ですか?

私が初めてシーシャに出会ったのは

タイで生活をしている頃で、

白装束・髭面で強面のアラブ人がたくさん集まる

通称“アラブストリート”と呼ばれるタイの一角。

 

タイ人の割合よりアラブ人が圧倒的に多く、

タイ語よりアラビア語のほうが馴染みが良いエリア。

本国を離れてはるばるタイにまで来て商いをしている

くらいの方々ですから、当然多くの方はハイクラス。

とても真面目で自身のビジネスも大いに楽しみ、

イスラムの神を信仰し家族を愛する心の厚い人たちです。

 

旅慣れない人からするとかなり怪しい街なんですけど(笑)、

面白いところが大好きで何でも興味津々の私は、

そういう一見怪しさムンムンのところへも

自ら進んで突撃しちゃうわけです(笑)

 

その“アラブストリート”は、タイ料理とはまた違った

独特なスパイスを効かせた美味しそうな料理の匂いを

大通りまで放っており、

そのオリエンタルな雰囲気に導かれて、

一番人が集っているレストランに、

日本人女子が1人でふらっと

立ち寄ったことをきっかけに出会いました。

 

静かに席について周りを見回してみると、

1人1人がそれぞれにシーシャを足元に置き

同席者と談笑している。

ひとしきり食事も済み、

食後のティータイムをしながら、

大量のタバコの煙を挟んで熱く話をしている人たち。

 

シーシャの存在は知っていたけれど、

実際に吸ったことのなかった私は、

どういう楽しみ方をするものなのか分からなかった。

でもシーシャを挟んで話に講じている人たちの

大量の煙を優雅に吐き出している姿がとても格好良く、

私もやってみたくなりました。

 

アジア人の従業員を呼び、

“シーシャ”とオーダー。

“フレーバーは何にするの?”と聞かれ、

“え?フレーバー選ぶの?”と思っていると、

“アップン?”と聞き返すスタッフ。

「アップン」とはタイ語訛りのアップル(りんご)のこと。

アップル味の煙なのかぁ〜、甘そうだしオシャレな感じだな〜と

思い、“チャーイ(YES)”と返事を返す。

 

5分ほど待って運ばれてきた水タバコを、

見様見真似で思い切り吸ってみます。

 

「!?」

 

アップルと聞いて甘くキュンとする味を

想像していた私の脳裏には、

その思いも寄らない香りにびっくり仰天!

 

スタッフが運んできたこのアップルフレーバーの水タバコは、

自分の想像とは全く違う味わったことのないスパイス感で、

キュンとした甘さのアップルフレーバーとはとても言い難いものでした。

 

私の驚きの表情に、周りのアラブ人たちも笑っています(笑)

 

こうして初めての水タバコ体験を

アラブ人に囲まれた空間で経験し、

言葉が通じない者同士でも

水タバコというツールでアイコンタクトで

コミュニケーションし合う楽しさを得て、

その日以来すっかりシーシャとオリエンタルな雰囲気にハマり、

一週間に3.4回くらい通い詰めるほど

シーシャの世界観にのめり込んでいったのでした。

 

日本に帰国した今では、

毎日おうちで自分で作ってシーシャするほどのハマりっぷりで、

最初に口にしたアップルフレーバー以外にも

スイーツやフルーツの様々な香りを

優雅に吹かして楽しんでいます。

 

 

さて、先日ある方をシーシャにお誘いし、

大変貴重な時間をご一緒させていただきました。

 

日頃から情報発信ビジネスについて教えていただいている方で、

とっても尊敬しているビジネス界の大先輩です。

 

その方は光成さんとおっしゃり、ネットビジネス歴は4年目、

元々は運送会社に勤務をされ、朝7時から22時まで働く社畜で、

つまらない毎日を変えるべくストリートナンパを始めて

刺激的な日々を送っていたそうです。

 

ある日いつものナンパ仲間との飲み会に合流すると、

初めましての男性と出逢います。

 

その男性は会社には勤めておらず、

自身のナンパに関する情報をコンテンツにして、

ネットビジネスで生活をしているとの事。

 

次第にナンパよりその男性の生活スタイルに興味を持ち始め、

光成さん自身もお得意のナンパの情報をネットで販売し、

晴れてネットビジネス界に仲間入りを

果たすことになったという経緯の持ち主です。

 

私が光成さんの存在を知ったのは、

シーシャがお好きと書かれたブログを偶然目にしたこと。

 

シーシャとビジネスのキーワードを兼ね備えている方を

スルーなんてする訳もなく(笑)、

初めてメルマガを拝見したあと直ぐに感想のメッセージを送り、

数日後には光成さんの情報発信のコンテンツを購入しちゃいました!

 

光成さんの文章は物語がイメージしやすく、

話の世界観がとても分かりやすい。

 

ブログやメルマガも一つ一つ丁寧で、

情報量もボリュームがある。

 

私もこんな感情が伝わる文章が書けるようになりたい!

読めば読むほど、どんどん光成さんの文章術に惹かれていきました。

 

こうして普段は光成さんのコンテンツを元にビジネスについて学び、

都度メッセージで感想を送ったり、

質問の回答をいただいたりしていました。

 

光成さんの新しいツイートにも、

シーシャに行ったことが書かれることも度々あったため、

以前行って雰囲気の良かったシーシャカフェを

おすすめとしてご紹介することもありました。

 

そんな中、近々私がおすすめしたシーシャカフェに

行こうと思っているとメッセージを頂戴したため、

失礼かと思いながらもこんなメッセージを送ってみました。

 

 

 

 

快くご承諾いただけました(驚)

 

きっと断られると思っていたので、

気さくなお返事には本当感激しました(泣)

 

そして当日、やや緊張のままお店に到着、

初顔合わせの挨拶を済ませたあとは

光成さん直々にビジネスについて教わる貴重な時間を過ごせました。

 

しかも本来ならコンサルを受けた方しか知り得ない

詳細な内容まで気前よく教えてくださいました(感謝)

 

光成さんがおっしゃるには、

普段はコンサル以外の人とお会いすることはほとんどないとの事で、

今回ご承諾いただけた理由は、

私が日頃から光成さんのメルマガやブログ、

YouTube動画などにコメントを送っていることで、

私の協力的な姿勢に会っても良いかなと思ってくださったとの事。

 

私としては、日頃から分かりやすく知りたいことを

教えてくださることへのせめてものお礼と思ってメッセージを送ったり、

自分自身の深い学びに繋がることへ積極的に

参加したいと思う気持ちが行動源になっていて、考え方はシンプルです。

 

 

貴重なお話をうかがえるタイミングでは、

こちらがおもてなしするのは当然です。

 

シーシャを楽しんでもらえた代金だけで、

何万も生み出せる可能性のあるお話をうかがえたと考えたら、

費用対効果がハンパないですよ!

 

こういった場合に支払うお金は投資と考えるべし!

 

教えていただいたことを活かして、

早く光成さんに恩返しできるように頑張ります!

 

 

 

 

仲良くシーシャデートを楽しむ二人(笑)

 

今回お邪魔したお店はノマド利用も歓迎とのことで、

席ごとにパソコン用の膝上クッションがありました。

 

次回はパソコンを持ち込んで、

仕事しながらシーシャしたいと思います!

最新情報をチェック!